老後のお金

我が家の父親が定年退職をし、夫婦揃って老後の生活に入りました。すると、今度心配になってくるのは「老後のお金」です。そこで一番気をつけなければならないのは、「定年してから相当お金がかかる」ということです。

父は定年したとたんに病気を次々と発症し入院生活をくり返すようになりました。今ではとても元気になって毎日を健康に送っていますが、「たぶん退職したことで体と心のバランスが崩れたんだろうなあ」と振り返っていました。

老後のお金は今までのように会社生活時代とは違いますので、年金だけで生活することになります。退職金が出ているご家庭ならば、退職金を切り崩して年金と一緒にすることで多少は楽になります。その点では現在の若者よりもはるかに恵まれている状況です。前倒しで年金をもらうことも可能なので、老後を迎えたならば、まず年金事務所に行き、話をしてくると良いでしょう。

節約も大事です。特に老後は病院代がかかりますので、医療費は取っておきましょう。老後のお金で一番出費がかさむとされているのは医療費です。毎年、確定申告をすることで還付金がある場合もあるので、調べておきましょう。

私は、父の体調が崩れて家計的にもジリ貧になっていく実家を手助けしながら、将来の自分のお金は自分で作って置こうと真剣に考え始めました。

ファイナンスや投資の事を調べて、比較的リスクが少なく、高リターンの実績もある海外ファンドへの長期運用型積立投資を始めようと商品を探していたところ、テレビCMでよく見る、いつかはゆかしのユーザーズボイスを読んで、かなり興味を持ちました。
海外への分散投資で不安なのは、リスク分散の肝である状況に応じてバランス調整、ファンドを組み替えのたびに、これが本当に正解なのかどうか、前の方がよかったのではないか、と悩むことになるだろうという事です。
その点、いつかはゆかしのようなアドバイザリーサービスならそのたびに、プロの助言を得ることができますので、私のネガティブ要素を丁度サポートしてくれる形だなと考えています。

Comments are closed.