Tag Archives: ブラインド

日差しの調整

もともと、マンションを買った時にはカーテンにしていたのですが、引っ越しが終わり、気持ちに余裕が出てきた時に、何かちょっと違うなぁと。

インテリアを見直して行く中で、窓が多い家なので、カーテンの重たさが気になっていきました。

我が家は遮光カーテンをつけていたのですが、完全に閉めてしまうと明るい昼間でも、部屋の中は真っ暗になってしまいますが、ブラインドの場合は締め切っても多少は明るく、また、角度をつけることでが光の量の調節がし易いというのが魅力的でした。

このマンションを選んだ理由も窓の数が多く、光が差し、明るい南向きの部屋であることが大きなポイントであったため、カーテンだとその良さを実感できないと思いました。

開けるか、閉めるか、もしくはレースのカーテンで外から見えにくくするかの選択しかなかったので、光の調節が難しかったのです。

確かに掃除のことを考えると、ブラインドの場合、誇りがたまりやすく、一枚ずつの手入れが必要なので、カーテンに比べて大変です。

ただ、今では便利な掃除グッズも沢山売り出されているので、意外と苦ではありません。

カーテンの場合も、防カビ加工されてるものもでてきたりと、欠点を克服した商品も多数出回っていますが、明るい色のカーテンだと日焼けしてしまうのが難点です。

どちらにも長所、短所がありますが、最終的に私はブラインドを選択しました。

光が沢山部屋に入り、見た目もすっきりしたので、私にとってこの選択は間違っていなかったと思っています。

部屋のテーマ

我が家には木製家具があふれています。
テーブルはもちろん、イスや食器棚、家電製品以外の家具はほとんど木製家具と言っても過言ではない生活を送っています。

最近では、窓に木製のブラインドを付けました。

色とりどりの可愛らしい家具にももちろん憧れはあるのですが、家の中はほっと出来る空間を作りたいと思っているので、我が家の中には木製家具メインになっています。

木のぬくもりはやはり安心感を与えてくれるので、疲れて帰ってきた体を優しく出迎えてくれます。

世の中色があふれていて、外出するとどうしても色に疲れてしまうようなことも少なくはないので、家の中ではなるべく色を少なくして過ごしたい、ということもあります。

テレビからは際限なく色があふれているので、家の色を少なくしても全く問題は無いと思っています。

ただ木製家具についてまわるものがメンテナンスです。
かなり面倒な作業になってしまうのですが、木製家具なしの生活は考えられないので、きちんとやらなければと思っています。

こんなに大好きな木製家具を本来ならきちんと定期的にニスを塗ったりと、メンテナンスしなければならないことは十分わかってはいるのですが、なかなか出来ていないので、もっと長く使い続けられるようにメンテナンスの仕方も勉強したいなと思っています。