Category Archives: ウェブサイト

ウェブマーケティング

ウェブマーケティングと言ってもIT企業の精鋭が、「いかにして億単位広告費を有効に使うのか」というような話ではなく、個人で簡単なネットショップを運営する程度の事からちょっとした趣味のブログを運営する程度の話。

最近はgoogleやyahoo!japanがあまりにも検索の基準を厳しくし過ぎて、ただ単に自分のブログでホームページを宣伝しても順位が下がったり、表示されなくなったりするようになってしまいました。

結局ネットのプロでなくとも検索エンジン対策(SEO)を知る必要が出てしまい、何も知らない人はなかなか日の目を見ないという妙な状況に。

私も昨年秋頃から突然ブログのアクセスが無くなったり、放置していた昔のサイトがトップに躍り出たり、なにが起きたのだろうと色々と調べました。

正月明けくらいから無料の初心者向けSEO対策セミナーに参加したり、個人向けのウェブ勉強会(と交流会)に参加して情報を集めています。

私の場合はブログから自分のホームページへの紹介記事が大半を占めていたため、それが原因でブログが表示されなくなっていたようでした。

ブログで毎回ホームページを紹介するのをやめると、数週間で表示されるようになり、早くもセミナーや勉強会でのアドバイスが約になったという状況です。

ホームページ制作

営業先の会社のホームページがCMSを使ったスッキリデザインだったので、「すごいカッコいいサイトですよね。お金かかってますね。」と言ったら制作料10万円以下だったというので、これはかなり安いなと思いました。

中小企業ホームページ制作の会社に依頼したそうで、そのホームページを見て見るとこのブログと同じワードプレスで制作しているという事で、「うわ~、ワードプレスってこんな本格的なページもできるんだ~」とそのことに感心。

また、テンプレートを使用しているのですがこれも一頃の”激安ホームページ制作”とは比べ物にならない仕上がり。

これじゃー、2000年前後に定年後の副業としてホームページデザインコースなどでスキルを磨いた団塊世代が太刀打ちできないなというのが正直な話。

実際、ウェブ制作は今完全にCMS+PHP+MySQLに移行しており、IT革命直後に「これからはホームページ制作だ」とHTMLを学んだ人もデータベースとの連携と、マルチデバイスについていけなくてどんどん廃業していると言います。

しかし、ワードプレスならオープンソースコミュニティーがマルチデバイス対応の機能をどんどん実用化していっているので、テンプレートのデザインさえ機能的なデザインを作ることが出来ればシステムの方は最新のデバイスに対応していってくれるという点が、非常に優れた選択であると思います。

被リンクと発リンク

以前の日記で、友人の会社のサイトのSEO対策について書いたことがありますが、被リンクの内部リンクが大事なのはわかりましたが、もう一つ大事な事に気が付きました。

それは発リンク。

きっかけは、友人の会社のホームページの中で、LP(ランディングページ)という一つの商品を集中してプロモーションするコンテンツを扱った時です。

同じテンプレートで商品の違う6種類のLPをつくり、同じ業者さんにSEOを依頼しました。

その業者さんは被リンクの他に、プロモーション全般のコンサルティングも行っていて、「おそらくこのサイトはよく上がると思います」という謎の言葉を言っていたのですが、3週間後、本当にそのLPだけ突出して良く上がったのです。

すぐに、トータルコンサルティングを依頼して、どのような理由で上がると推測したのかを教えてもらいました。

すると、爆発的に上位表示したLPは、権威(オーソリティー)サイトの引用とリンクがあり、独自の収集データ表が表示されているからだというのです。

つまり、独自性とそれを立証する権威サイトへのリンクがセットになって「このページの情報価値は高い」と判断されたという事です。

これが、関連性のないコンテンツとどうしようもないリンクの組み合わせであったなら、逆に被リンクのパワーが不自然だと判断されてペナルティー状態となってしまうという事です。

少しずつ分かってくたのですが、「被リンク」「コンテンツ」「発リンク」「評価ペース」のすべてが不自然でなく、長期にわたりバランスの取れたサイトが最も検索結果が向上しやすいという事を確信した出来事でした。