Category Archives: 動画

イカのおすし!

子どもたちを犯罪から守るのは大人の役目です。
大人が注意深く子どもたちを見守ることも大切ですが、子どもたち自身が一人一人意識を変えることが大切だと思います。

小さな子どもたちには言葉で説明するよりも、歌にして伝えると効果的だと思います。

そこで、ある歌が作られました。
警視庁生活安全部が考えた標語をもとに、創作童謡ユニットkirakiraが作りました。

とてもいいことですね。

しかし、最初に標語を見たとき、頭の中が「?」だらけに!
これのどこが標語?

だって「イカのおすし」、これが標語なんですから!
全く以て意味不明。

調べてみると

いか…いかない(知らない人について行かない)
の…のらない(知らない人の車に乗らない)
お…大きな声で叫ぶ
す…すぐ逃げる
し…しらせる(何かあったら知らせる)

らしいです。
「イカのおすし」、この一言で上記のことを思い浮かべるのは大人にも難しい気が…

まあ、歌で覚えちゃえばいいのか…


イカのおすしの歌

斬新なゾンビ映画

ニュージーランドの「hell pizza」というピザチェーン店が、YouTubeにインタラクティブ・ショート・ムービーを投稿した。

インタラクティブ・ショート・ムービーは話の分岐点で視聴者に選択をさせ、その選択通りに話が展開していくというもの。

「DELIVER ME TO HELL」という映画で、街中にゾンビが溢れる中、デリバリーピザ屋を経営する主人公に注文が入り、ゾンビを撃退しながら配達するというもの。

1つの動画は3分程度で、毎回選択を求められる。
選択を間違うと…死ぬよ!

ただ動画を見るだけではなく、視聴者参加型の動画はたのしみながら見られる。

ゾンビ映画ということもあり多少はグロいシーンもあるが、そこまでリアルに再現していないので、グロが苦手な人でも見られると思う。


Interactive zombie movie adventure – DELIVER ME TO HELL

クリボー踏めない

誰もが一度はプレイしたことのあるゲーム、スーパーマリオブラザーズ。
ゲーム開始後すぎにクリボーが近づいてきて、躊躇いなくクリボーを踏みますよね?

「クリボーは敵。踏まなきゃ死んでしまう」

しかし、その踏まれ死に行くクリボーにも人生があって、家族があったらどうでしょう。

ただマリオに踏まれるだけの存在のクリボーの見る走馬燈を紹介します。

それはクリボーの誕生シーンから始まります。
周りにはお父さん、お母さんがいて、たくさんの愛情を受けて育ちます。

学校ではガールフレンドが出来て、成長後結婚し、子供を授かります。

そんな中、父親がマリオに殺され、自分も戦いに行くことを決意。
愛する奥さんと子供を残して。



こんな動画を見たら、クリボーを踏むことができなくなります。
感情移入してしまい、動画のラストでは涙が流れそうになりました。

これからはクリボーを避けようかな?
あ、ノコノコもか…。


First Person Goomba