Category Archives: 人物

治験モニター募集

知人が製薬の治験モニターに参加するという話を聞いて、
私の住む仙台で昔参加したことがあるのですが、その時は人伝の紹介でCRCと呼ばれるコーディネーターの方と打ち合わせをして、東北大学のセンターに行くという段取りでした。

知人はネットから治験に参加していると言っていましたので、私の知る仕組みとは少し違うのかもしれません。
試しにどういうサイトがあるのかを聞いてみると、リンクユーという治験モニター募集サイトを紹介されました。

このようなサイトに会員登録をして、薬や健康食品など、自分がボランティアとして参加したい試験を探すような仕組みです。

参加しようと思う募集が出た場合、コーディネーターに方に説明を受けてインフォームドコンセントを受けるような形ですので、ここは私の体験と同じようです。

いくつかのモニター募集サイトを見て回りましたが、インターネットの場合、あらかじめ募集されている情報が求人情報雑誌のように一覧で並んでいる為、すごく探しやすいという印象です。

また、健康食品のモニターや化粧品などは、従来の薬品の臨床試験よりもイメージ的に参加しやすそうだなとも思いました。

特定保健食品で、ダイエット系の食品モニターなどは、ダイエットについての一定の効果を想定して期間を設定しているでしょうから、参加した人の体質改善にもなるのではないでしょうか。

まんべくんさん

「ゆるキャラ」という言葉の考案者については様々な説があるが、「世にこの言葉を広めた」という意味ではみうらじゅんが提唱者とされる。

現在では日本各地にかなりの数のゆるキャラが存在する。

「かわいいだけのゆるキャラ」これがウケる時代は過ぎたのかもしれない。
ゆるキャラに「黒い」部分を持たせたものも現れてきている。

その先駆けがまんべくんではないだろうか。
まんべくんはTwitterで毒舌キャラとして話題となるが、中の人が暴走して大炎上。
その後、Twitterの更新は止まったが、今年になり何者かが復活させた。

長年ネットマーケティングに携わっている私の場合、これは炎上商法というか、SEO的に言えば問題発言を連発してそれを見た人が友達に進める→リンクを貼る→被リンク獲得→ウマ~!という戦略をウェブ担当者が会議で決めているという裏読みをしてしまう。

まんべくんはイベントでも大人気。
人気の理由は激しいダンス。

ゴールデンボンバーの「女々しくて」を見事に踊りきる。


女々しくて・まんべくんバージョン

まんべくんは「男」なのだが、この動画を見ていると、パンチラしそうでハラハラしたw

だが、気分が乗らないと、お客さんがいても全く踊らない。


【マルモリダンス】まんべくんが子供を威嚇!@北広島2011.8.7

マルモリダンスなのだが…、動かない。
その隣りではメロン熊ががんばっているw


第9話「まんべくんとエレベーター」

ただ、まんべくんがエレベーターに乗っている動画なのだが、なんかシュールwww

こんな立候補者がいたなんて

新宿区長選挙にとんでもない人が立候補していた。

まずは公約がおかしい。
・乙女を守りたい!
・この地域に公設民営の雇用の為のアニメ声優人材バンクを作ります
・当選したらアメリカ合衆国に乗り込んでオバマ大統領に会い会談します!

乙女を守りたいとは一体何なのだろう…

しかしおかしいのはこれだけじゃない。
ポスターがおかしい。
写真がヤバすぎる。

名は山下万葉という。
彼は大丈夫なのだろうか…。
目がヤバイ気がするのだが。

そして区長選挙に立候補するくらいなのだから、ある程度社会経験を積んでいるかと思いきや…職歴はなく、ほぼ一貫して無職www

ナゾの公約はここから生まれたのか。

驚くべき事は山下万葉の父親は
「ゴジラvsスペースゴジラ」などで知られる東宝所属の映画監督、山下賢章
ということ。

資金源はここか。
まあ、彼が当選することはまず、ないな…。