Category Archives: オンラインショッピング

和風プロダクツ

インテリア、ファッション、文化など様々なシーンで良さを再認識されている「和風」ですが、以前であったら和風プリント、木製というだけでひとくくりにされてきたものが、「本物志向」へと変化を見せています。

アパレルなら、プリントで泣く職人の染物へ、木製インテリアも、家具職人の逸品が、そしてちょっとした和雑貨や小物の分野でも、本物の伝統工芸のプロが参入してきました。

ここ10年のなんちゃってワビサビ文化を一蹴するかのごとく、「本当に手に取って、使って、愛用して味のある」ジャパニーズトラディショナルプロダクツです。

私がこの頃注目しているのは、まげワッパや折詰めの薄い木製容器、「折箱」です。

折勝商店は、明治大正と続く折箱製造の老舗ですが、文化人やアーティストとのコラボレーションや、木の容器のおしゃれな使い方を提案しています。

惣菜入れやお皿としてはもちろん、プレゼントのラッピングケースなどは「なるほどな」と思いますし、実際にCDケースがピッタリ入るサイズや正方形、正三角形などアートなアプローチが新鮮です。

元々業務用の容器を下ろしている会社なので、1つ200円前後と価格帯も驚くほど安いのです。

株式会社 折勝商店
http://www.orikatsu.jp/tobira/

キャノンの純正インク

SDカードが16メガから36ギガになり、1万円代のデジカメでもフルハイビジョン映像が撮れ、クアッドコアのCPUを積んだパソコンが3万円で買える時代、まったく全然価格水準が変わらないものが一つだけあります。

もうタイトルからピンときますよね。

そう、メーカー純正のプリンターインクです。

使用しているととくに節約も考えませんが、色切れを起こしたときに毎度その出費の大きさに驚きます。

それに気のせいかもしれませんが、最近インクの減りが早くなったような気がします。

私の使っているプリンターはキャノンのピクサスですが、コピー機代わりに使用していたおかげでかなりのインクの消費量です。

コスト的に考えるとコンビニの方が安いか、同じくらいなのですが、当方地方都市出身の為コンビニが歩いて片道10分は掛かる距離なのです。

往復で20分の時間に横着してうっかりプリンターでコピーをとるとすぐにインクは無くなりますので、先々月から汎用の激安インクを使うようにしました。

キャノン インク でネットを探し、品質保証と返金動作保障などがしっかりしているショップを見つけました。

コスト的には半分以下、なんと7割安で現状2か月、特にトラブルも無くコピー機として動いてくれていますのでかなり助かっています。

フォト用紙に写真プリントをしてみましたが、これも私の眼には純正と違いが無いように見えます。

もちろんカメラマンの方や、印刷関係の人が見るとわかるのでしょうが、そういうこった印刷をする危害があったらオンデマンド印刷を利用しますのでそこまでの発色品質は求めていません。

まあ、あくまで自己責任でご使用くださいという話ですが、使わないと損だなと私は思っています。

「90%オフ」を検証

1年のうちの最後の月に入ったこともあり、大手通販サイトの楽天でセールがありました。
Amazonでも歳末セールが始まりました。

「家電・PC商品が最大90%オフ」と謳っていますが、本当に「90%オフ」なんてあり得るのでしょうか。
早速、チェックしてきました!

すると、なんと!本当に90%オフの商品がありました。
それどころか、100%オフの商品まで!

5040円の商品が100%オフで1円に。
これはマーケットプレイスの商品なので送料が必要です。
送料は500円。

送料は商品価格の500倍www

「ファインディング・ニモ 新たなる冒険」というゲームボーイアドバンスのゲームですが。
今更、アドバンスのゲームなんて…。



http://www.amazon.co.jp/dp/B00061Q75K

69%オフの商品があります。
価格で言うと、820万円引き!
値引きしても320万円するがな!
オメガの時計は高いのですね。



http://www.amazon.co.jp/dp/B009X4IMZY

「90%オフ」は本当でしたが…誰も欲しがらない商品が安くなってもなぁ…。