Category Archives: 美容と健康

新年会と泌尿器科の話

先日は新年会でだいぶお酒がまわったのか、男性スタッフがちょっと下品な話をして盛り上がっていました。

私はその輪の中には居なかったのですが、隣のテーブルだったので嫌でもその内容が聞こえてきます。

発端は部長が先日尿道炎にかかって新宿近くの泌尿器科へ行ったという話で、一応処方された薬は飲んでいたのですが、今日はお酒を飲んでしまって悪化するかもという話でした。

部下のAさんがそういう病院って入るところ見られたらいやですよねというと、診療科目がたくさんあるからないなに来たような顔で待ってればいいんだよと、それで部下の人達がスマホでそのクリニックのサイトを転送してもらったりしていました。

私も横で聞いていてこっそりスマホで検索すると「男性の尿道炎(尿道炎の泌尿器科)」というページがあって新宿駅前のクリニックを見つけました。

ざっと見た限り、内科や耳鼻科の他に、男性向けの感染症の検査や、皮膚科などがあってそれでみんな部長の話に食いついている(やましい事があって性病検査をしたい?)のでは?と思いましたが黙っていました。

でも、会社の近くに耳鼻科のお薬をすぐ出してくれるところがあったという事がわかったので自分としても役に立つ情報でした。

妊娠線予防クリームはサボらずに

一人目の息子が出来た時は、私にとって憧れの妊娠生活でした。

めっとで効果があると有名な妊娠線予防クリームも購入して毎日塗りました。

しかし、つわりが始まると全く動けずクリームを塗るのをさぼるようになってしまいました。

それがだめだったのか・・8か月頃になるとまだ妊娠線はできていないものの、お腹が痒くてしょうがありませんでした。

後から考えるとその時が皮膚が引っ張られて痒みが出たのではないかと考えられます。

痒みが出る前からたっぷりとクリームを塗って保湿をしっかりと行うことが大事なんだと思います。

自分が好きなクリームならなんでもいいと思います。
でも、妊娠したらしっかりと保湿を行うことが一番予防することになると思いました。

また、妊娠線予防クリームの口コミサイトで、線を薄くする(出来てしまった人向け)のクリームやローションも紹介していたので、それを使って大分効果があったと思います。
2人目はつわりでクリームを塗るどころじゃなかったですが、今となっては2人の子供に恵まれて妊娠線は立派な勲章だと思っています(笑)

これから妊娠する方へ、妊娠線はクリームを塗っても体質で出来る人もいるかもわかりません。

最初からたっぷりと保湿をしてできない人もいるかもわかりません。

最初は気になるかもわかりませんが妊娠生活を過ごしてほしいと思います。

性感染症の検査

私の友人でお互いに不貞行為が無いのに性病に感染したとか何とかで大喧嘩になったカップルが居ます。

片方が学生時代から私と親しい人間で、デリケートゾーンのかゆみや膿について相談されたのが発端です。

私もそのような経験がなかったのですが、理由がどうであれ症状がひどいなら皮膚かなり泌尿器科に行って検査をした方がいいと思いました。

新宿で食事していたので「新宿 性病検査」で検索すれば駅前のクリニックですぐ検査できるようでした。

行ってみれば検査はあっという間で、カンジタという感染症だという事がわかり、当然ですがこの場合パートナーも抗生物質で治療をしなくてはいけません。

パートナーに連絡をとれば当然、「浮気をした・しない」と喧嘩になったのです。

しかし、今回受診したクリニックのホームページでも説明されていたのですが、元々持っていた菌が抵抗力や免疫力が低下した時に発症する種類のものが結構あるので、極端な話スポーツジムや温泉などでも感染する場合があるようなのです。

数年間発症せずに感染したままで、何かの拍子で症状が出るという事ですから、そういったことを説明されてようやくカップルの喧嘩も収まったようでした。

まあ、黙っていてもどちらかが病院へ行くことになるのですから、将来を考えてきちんと検査を受けた友人は正しいと私は思います。