Category Archives: 未分類

PTAのイベント係り

今年はPTAのイベント役員になり、本当に忙しかったです。

夏祭りや、運動会、音楽会など、行事ごとのたびに会議で週1日くらいは
集合がかかり大変でしたが今ではいい思い出です。

特に夏祭りは、8月の頭に開催されるのですが4月くらいからその話し合いでした。というのも夏祭りは園主催ではなくPTA主催だったため1~10まで役員が決定しなければなりませんでした。

しかも食バザーなども全て手作り!何を出品するか決めたら、食品の仕入先からポップコーンやかき氷もやることに決まっていたので、そういった機械をどこから借りてくるか?お祭り用品の通販で何をそろえるか、など事こまかく決めていきました。

食バザー以外にもスーパーボールすくいや、くじ引きなどのゲームコーナー。
物品バザーなど。各担当にわかれて準備をすすめていきました。

私は書記でしたので食券シートの作成や、簡単なポスター、夏祭りのご案内のプリントなどを並行して行いました。

今、思い返すとよくやったな~と感心します。
(もちろん、みんなで協力したからこそではありましたが、話合いでは揉めることも、しばしば)

私は当日、まさかの身内の不幸で参加できなかったのですが…。

しょうがない事ではありましたが、しばらくモヤモヤしました。
(ここまで準備してきて、まさかの当日参できない…(泣))

ですが夏祭り当日は、小さいトラブルはあったようですが大盛況のうちに終わったということなので、一安心でした。

親友のお父様

今年の6月に親友のお父様が急死されました。

体調を崩し入院中とは聞いていたのですが、秋に生まれる親友の赤ちゃん、お父様にとってお孫さんの誕生を楽しみにしているという話を聞いており、容態は落ち着いているのかなと勝手に思っていました。

しかし突然容態が急変したそうで、帰らぬ人となってしまいました。

たまたま亡くなった当日に用事があり親友に連絡したところ、早朝にお父様が亡くなったという返信をもらいました。

友人の親が亡くなるということが初めてだったのでどうしていいかわからなかったのですが、他の親友仲間にも伝え、今後の対応2ついて相談しました。

友人数人どうその日のうちに自宅にお悔やみに伺いましたが、正直なんと声をかけていいかわからず、気の利いたことも言えなかった気がします。

親族として、お腹で赤ちゃんを守りながら気丈に振る舞う親友の姿に涙が出ました。

ご本人が生前希望していたという事で、お通夜、葬儀は板橋区で家族葬を行う事になり、本当に身内だけにするとの事でした。

全てが終わり落ち着いた頃、親友と会いました。

お通夜、葬儀のときは現実を受け止められず、わけがわからないままあの場所に立っていたこと、そんな中私たち友人の顔を見て本当に安心せたと言ってくれました。

何もできなかったけれど、親友がほんの少しでも私たちの存在に救われたことがあるならば本当によかったと思いました。

コーティング

以前テレビ番組で「ナノグラスコーティング」というガラスコーティングの最先端の物を見ました。

これは、基本的にはあらゆるものをコーティングできる技術ですが、主にフローリングや住居の水回りなど内装の分野で多く実用化されているようです。

私は数年以内に戸建て住宅を建てる予定ですが、フローリングと水回りに関しては最も耐久性があるコーティングを導入しようと思っています。

車を新車で購入した時も、納車前にペイントシーラント(トヨタの場合)でコーティングしてもらい、その後メンテナンスを欠かさないでい数年、同じ時期に家内が購入した軽自動車とボディの輝きがまるで違います。

軽自動車の塗装が痛み出してから、家内に「どうして私の車にはペイント何とかをしてくれなかったの?」と怒られましたが、当時、「こまめに洗うからそんなのしなくていい、お金がもったいない。」と言っていたのは実は家内だったのです。(喧嘩になるので言いませんでしたが…)

汚れる前に強固なコーティングをしておけば、これだけ違うんだという事を知った一件でした。

ただ、実際にテレビで見たコーティングがどれほどの物なのか実際に見て見たくなって、施工会社を探していると森のしずくというフロアーコーティングの会社のショールームが所沢にあることがわかりました。

車で1時間以内ですので、実際にナノグラスコートというのがどのようなものなのか、確認しに行こうと思いました。

場所は新所沢駅のパルコの近くだったので、よく行くところなのですが予約が必要という事でネットから問い合わせを。

すぐに連絡が来て翌週に訪問しました。

通常のガラスコーティング(グラスコート)の他に、リビングなど劣化しやすいところにUVフロアコーティングという紫外線で硬化させる薬剤を使う方法などがある事も判りました。

私が行った森のしずくという会社では、通常の紫外線照射機を使う方法ではないハイブリット施工という事でそれをショールームの素材で実践して見せてもらえました。

あと、以前住んでいたマンションで退去時に修復のお金が掛かったクッションフロアーにもガラスコーティングが出来ることがわかり、これは是非やってもらおうと思いました。
なにせ、クッション部分に切れ目が入って、めくれあがったのを放っておいたら、20センチ四方くらいクッションが完全に剥がれてしまい、そこから汚れが入って結局その部屋一面を張替えする事になった苦い経験があったからです。

それ以来クッションの床は固いものを置いたり、物を引きずって表面を気付付けないように神経を使っていました。

まあ、コーティングをしたからと言って乱暴にして良いという事ではないですが、表面がやぶれる原因というのは、長年の表面の劣化からひびが入って弱くなったりしたところから亀裂が入るようですから、丈夫な膜で覆う事でそういった劣化事態を防げるというわけです。

ざっとリビングとキッチン部分、風呂部分に施工してもらう事になり、それなりの費用は掛かりますが、床の張り替えと修復の費用を知っているだけにこの点では全く躊躇せずにお願いするに至りました。