amazonの配送とパッキング

amazonで注文した際に、いつまでには欲しいけど、急な仕事が入るかもしれない~と言う時には荷物の届け先を最寄のコンビニ(ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)にすることも可能です。

店頭受け取りにはamazonから送られる受け取りコードが必要になります。

商品を代引きで購入すると手数料がかかるため、私はクレジット払いをお勧めいたします。

amazonのすごいところは、パッキングですよね。

普通、商品が箱に糊付けされたボール紙に熱圧縮ラッピングでがっちりと固定されており、運送中に箱の中で動かないようにしてあります。

買った商品が小さく、かつ頑丈なものであればレターパックのような封筒状の箱に梱包されて届くこともあり、またお酒などの割れ物を購入した際には、箱と商品のスキマに梱包材代わりの紙がぎっしりと丸めて詰め込まれてあり、運送中の衝撃にもしっかり対応してくれています。

私は頻繁に利用し始めて5年ほどになりますが、注文した商品と違ったり、商品が壊れていたことは1回もありません。

信頼の裏返しか、このダンボール箱が大きすぎる事があり、空気を送ってきたのかと思う事がありますが…。

最近になって両親が簡単に使えるように、実家のパソコンにアカウントをセットして、デスクトップからすぐ買い物ができるようにしておきました。

カテゴリがわかりにくいというので、amazonのカテゴリを一覧にしたブックマークサイトを開くようにしています。

Comments are closed.