インビザラインに慣れた頃

私は現在、透明のマウスピースを毎晩つけて寝ています。

元々はの隙間が気になる程度の状態だったのですが、友人がインビザラインと言うかなり目立たない器具を使っていると聞いて、ネットでインビザラインを大阪で出来る所を探したのがきっかけでした。

私はそれまで歯列矯正は針金のいかにも矯正器具というものしかないともっていたのですが、様々な技術があって、交換式マウスピースで矯正できる症状が私でした。

疲れて帰ってきてご飯を食べて、そのままぐっすり寝てしまうことも度々ありました。(本当は最初のうちは飲食以外、はめてないといけないのですけど)そんなことが何回かありまして、ふと鏡を見ると前歯あたりに間隔が開いてることに気づきました。

これを見たときに、マウスピースの有難味がとてもわかり、なるべくするようになりました。

半年か一年すると、就寝時のみの着用になったのですが、これまたズボラな私は、二回ほどなくしてしまいました。

もし、つけることがあるようでしたら所定の位置などを決めておくと便利かもしれません。

そんなこともあり、このマウスピースをもうニ年くらい着用して寝てるせいか、ないと落ち着かなくなりました。

取っていいよと言われる日が近いとは言われてますが、取ったら寝れるかどうか心配です。

Comments are closed.