弟の留学

私の弟はそれなりの進学校に合格したのですが、高校入学後、学校にいくことができなくなり、すぐに引きこもってしまいました。

それでも卒業まではなんとか我慢をしたのですが、もともと学校というところになじめず、表面上は周囲に合わせていたようなのですが、それも限界になった感じでした。

基本的に頭が良く、勉強はできるのです。

出席日数ギリギリで高校を卒業したにもかかわらず、地元の大学へ進学しました。

しかし、私は半ば予想していた通り休学状態となり、その間アルバイトをしたこともありましたが、長続きせず、趣味のギターのレッスンも一時かなり熱心におこなったのですが、途中でやる気を失ってしまい・・・。

こんな状態ではいけないと思いながらも、前に進むことができず。

学費を工面してくれた親にも申し訳ないという気持ちもありながら自分ではどうしようもない状態でいたようです。

決して楽しい生活ではないようで、日々もんもんとしていたとのことです。

そんな折、住んでいる市の姉妹都市であるアメリカの都市からホームステイのアメリカ人学生が我が家へ来ました。

勝手に息子の刺激やきっかけにでもなればと申し込んだようです。

しかたなく、その留学生を接しているうちになんとなく、やる気をもらったらしく、なんと海外留学をしたいと言い出したのです。

両親もこのチャンスを逃したら本当に引き篭もってしまうかもと思ったらしく大賛成。

私もアメリカ留学の費用を調べて家族で協力し合い、何とかこの春弟はアメリカへ旅立ちました。

Comments are closed.