リストラと住宅ローン

今年、従妹夫婦の旦那さんがリストラされて失業しました。

ここ数年いつ解雇されてもおかしくない…と話していたのに、特に備えもせず、変動金利の住宅ローンが払えない状況に。

あわや競売になるかと思った矢先に専門家の助け舟で任意売却となり、なんとか残債を減らすことが出来そうです。

実は家からも少し支援をしていたので、次の職場を探すに当たって、慎重に就職活動をしてもらいたいと思います。

私も在宅の仕事をしてはいますが、本当に微々たる収入でしかありません。

これからどんどんお金がかかるわけなので、同年代の友人などには決して状況を打ち明けることはできません。

ただ、私たちは彼らと一線を画している部分があります。
住宅ローンを去年、大幅な前倒しで完済してしまったところでした。

親から途中援助があったことと、長年のたくわえを計算して、今返すのがベストと判断したからでした。

つまり、管理費やメンテナンスを除き、住居費というウエイトが家計にかかっていないのです。

繰り上げ返済のために、必死の節約・内職生活に励んできた甲斐がありました。

ですが逆に、もしもこの住宅ローンの返済が済んでいなかったら・・・と想像すると、背中に冷たいものを感じます。

Comments are closed.