中国の問屋さん

ネットでの仕入れのコツは「差」を見つけることです。

私はもと物販の小売店(ファッション関係)経営者ですが、仕入れて売るのは転売も新品販売も同じです。

地域の差、知識の差を使うと、同じ漁場(ネットという市場)でも十分に仕入れが可能です。

私は中国のオークションやファッション問屋の仲介サービス(タオバオなど)を利用してかなり利益を上げたことがあります。

中国圏の問屋さんには日本語ができる人もいますが、基本的に英語科中国語の読み書きができた方がトラブルなく取引をすることが出来ます。

仕入れ代行業者などが国内にあって、狙いの商品をタオバオやアリババから引っ張ってくれます。

通常、外国からの輸入仕入れというと「郵送料だけ考えればいいや」と思いがちですが、中国国内の輸送というのはあれだけ大きな大陸ですし、中国国内で荷物がどう動くかわかりません。

郵送料などはどの程度が適切なのかも判断できないのが普通でしょう。

その点、日本国内に支店がある代行業者などは、そういった日本人的なビジネス感覚についても理解がありますので、非常に有益な取引をすることが出来るでしょう。

中国のの問屋で仕入れ、日本のAmazon・ヤフオク・自社ショップなどで販売するのは今や業界標準なのです。

Comments are closed.