着物の整理

祖母の着物箪笥を整理すると、残してくれたたくさんの着物、帯、羽織などが出てきました。

着物道楽だった祖母、まだしつけがかかったままの新しいものもあり、親戚や友達一人一人を思い浮かべて、「この着物はあの方に、この帯はあちらに」とわけたのですが、それでも、しみの目立つ西陣織の袋帯や、今ではあまり見かけなくなった黒繻子の昼夜帯などが残ってしまいました。

私も着たいのですが、祖母はかなり小柄でしたのでサイズが合いません。

売ってしまうのも寂しいし、手元に置いていても痛むだけだし、どうしようかな、と考えた末着物類は着物買取で東京の業者さんに引き取っていただき、端切れなどは私が引き取る事にしました。

手先がとても器用で、裁縫の得意な友達に手伝ってもらって、布を裁ち、コースターや袋物、ブックカバーなどを作る事を思い立ちました。

そうしたら、また、ちょっとしたプレゼントになりますし、祖母の思い出として、色々な方々の手元において頂くことができます。

黒繻子はブックカバーの中や、コースターの裏に使うのに最適ね、西陣織のここの柄は、コースターが10枚くらいとれるね、この羽織は袋物にしましよう、などと、友達と楽しみながら、一針一針作りあげた品々を見ながら、その子達のお嫁入り先を思い浮かべています。
友達や親戚にプレゼントを送ってあげることが大好きだった祖母。
喜んで頂けるといいなあ。

Comments are closed.