和装ウケ

海外に居ると、やはり和装をすると目立ちますね。
特に友人の結婚式にウチの嫁さんが和装をしていったときは凄い人気でした。

私も質問攻めにあいました。「なんでお前はキモノ着てこなかったんだ?」って(苦笑)

嫁さんは結婚式で和装を前撮りして以来、和服に目覚めて自前で後から購入しました。

自分も和装は持っていたんですが、そういう場に履いていける履物を持っていなかったので泣く泣くスーツにしたというのがあって、内心複雑でした。

家でも冬は和装で居ることが多いです。和装のほうが温かいですし、何より背がしゃんと伸びるんですよね。自分で仕立てた和服は持っていませんが、古着でもきちんとしたお店から買えばしっかりとした生地のいい和服が手に入ります。
そういう意味では、本当にいい時代になったなぁ、と思います。

今までは店に行かなければ行けませんでしたし、表に出ているのはほとんど女性用の華やかな振袖などが飾られているので、入るのに躊躇することも多かったですから。

男性用の和装店も少しずつ増えてはきていますが、まだまだ数は多くないですから、インターネットで色々な和服を選べるのは、本当にありがたいです。

もし、これから和装を始めたいと思っておられる男性は、まずインターネットで5万ほどで発売されている和装セットを購入されるといいと思います。
これを買えば肌襦袢から足袋、帯にいたるまで和装を始めるに当たって必要なものが全部入っています。自分は逆にインターネットオークションで古着から買い始めてしまったため、逆にそろえるのが大変になってしまったので、これだけは新品のセットを買ったほうがいいと思います。

和服はけっして難しいものではありません。最初は少しずつ、自分の気に入ったものを買っていくのが何より大事です。そして自分にあう和の小物などを蚤の市や縁日などで探したり、和装で外に出かけるのも楽しいですよ。

Comments are closed.