紹介VTR

結婚式のというと新郎新婦の紹介VTRを思い浮かべます。

私自身の結婚式ももれなく、自分達の幼少期からの生い立ちや2人が出会ってからの写真を、プロの結婚式ビデオ制作会社にビデオ編集して流してもらいました。

両親はもちろんとても喜び、友人も初めて見る幼少期の写真にどよめきや笑いが聞こえ、満足でした。

そして披露宴の全てのプログラムが終了した後に会場を真っ暗にして、ゲストの皆様の名前をエンドロールのようにその日の映像を添えて流しました。

新婦から手紙のしんみりムードから一変、締めくくりに丁度よかったので、高かったけどやってよかったと思いました。

友人の結婚式の紹介VTRは少し違いました。

友人夫婦の普通の日常をビデオ撮影し、その動画をポップな音楽に乗せて流していました。

これがとても感じがよかったです。

意外にも二人きりの空間というのは付き合いの長い友人や家族、親戚なども知らず、非常に微笑ましく、新郎新婦により親近感を抱くことのできる仕上がりだったのです。

娘が出来た今は、彼女が結婚する時に使うであろう幼少期の写真は映像をちゃんと残しておいてあげようと節目節目に写真屋さんに撮ってもらうことにしました。

私が子供の頃はまだビデオカメラが一般的ではなかったけれど、今の子供達はみんなといっていいほど映像として残っていると思うので結婚式のVTRが今とは全然違うものになっているだろうなーと今から楽しみにしています。

Comments are closed.