姑のスピーチ

友人の披露宴の企画に参加していた私は、少し皆も楽しめることがしたくて、各テーブルにリボンの入った封筒を置き、当たりのリボンを引いた人には、前に出てきてもらい一言スピーチを頂いてプレゼントを渡すという企画をしました。

その時に、一番早くに出てきたのは、なんと姑さんでした。

あまりに早く出てきたので、司会者さんから一度席に戻るように静止される場面もありました。

親族席で、自分が当たりを引いたから出てきたのか、親戚が遠慮したのかは謎ですが、普通そんな時って遠慮して親戚に譲らないのかな?とちょっと思ってしまいました。

リボンを当たりを引き当てた人たちのスピーチが終り、姑の番になった時、なんと司会者さんからマイクを奪ったのです。

そして、どれだけ息子が可愛いかと言うことを延々と話し続けました。

ご親族や友達たちは、完全に引いていて、企画の私は「まずいぞ、まずいぞ」とかなり焦っていました。

すかさずもう一人のスタッフが、ブライダル用に製作したムービーを流して感動的なイメージを引き戻し、その後も結婚式のエンドロールでうやむやにしたような感じです。

結婚式後には、「お姑さん大変そうだけど、頑張ってね」という励ましメールが新婦にたくさん来たそうです。

でも、姑とは対照的に、無口な舅は花束贈呈の時に、私の両親よりも早く泣き崩れてしまい、みんな驚いたと同時に感動を誘いました。

Comments are closed.