カウンセリング

核家族化が進む中、一人で子育てをして家庭について悩んで、疲れ果ててしまう若い奥さんが増えています。

お姑さんや小姑、叔母などが近くにいない事で「現代的」「気が楽」という事もありますが、逆に「ああ、こういう風にすれば楽なんだ」「これが普通なんだ」という、”基準”が見えなくなって疲れてしまうような弊害があると思います。

夫婦喧嘩は犬も食わない

これは本当に正しい事ですが、家庭の不満や悩みを聞いてくれる第三者は確実に存在します。

会えて核家族化の世の中だからこそ、人生経験豊富なカウンセラーに自分の考えをさらけ出して、人生のコーチングをしてもらうというのもありなのではないでしょうか?

私は実際に、数年おきに引っ越さなくてはいけない環境にあり、土地になれたと思うと別の土地、また新たに人間関係を作り直さなくてはいけないという事で、誰にも相談できないという追い詰められた状況の時がありました。

ネットで結婚のカウンセリングを探していたときに「パーパスアイ」というサービスを見つけて、ネットカウンセリングを受けました。

初めは何の期待もしておらず、話を聞くだけのサービスかと思っていたのですが、それでもよかったのです。

でも、実際は「やっとこう言う人に出会えた」という気持ちになりました。

カウンセラーとの相性もあるとは思いますが、私の場合、身近に心の話をできる人がいなかった事と、自分から今の状況を作り出したことを自覚する事が出来た、良い意味でのターニングポイントになったのです。

Comments are closed.