交通事故と慰謝料

先ほどネットニュースで故意に交通事故を起こし、都内の損害保険会社から慰謝料や休業損害補償など保険金計235万円をだまし取った男が詐欺の容疑で捕まったという記事を見ました。

これが本当に驚くような手口で、被害者と加害者がグル。

両方レンタカーを借りて、他人のふりをして片方分追突して、停止していた方が過失割合が無いので慰謝料と休業損害の補償などを請求していました。

過失のある方が、保険会社からその賠償金を出してもらい一件落着、二人で山分けという事だそうです。

なんとも、こういう事には頭のまわる事とあきれ返ってしまいました。

私も追突されて首を痛めた経験がありますが、大抵の場合、追突したほうと保障や慰謝料の事でトラブルになると思います。

途中から、交通事故弁護士に依頼して、しっかりと法律にのっとって適切な対応と保証を要求して何とかなりましたが、後遺症などが残ってい後の生活に支障をきたすような場合素人ではとても交渉できないなと思いました。

Comments are closed.