世界最高峰の自転車レース

自転車レースといえば、ツール・ド・フランスが有名で、レースを観戦すると共にヨーロッパの美しい景色が楽しめます。

今回、私が注目するのは「Glacier Bike Downhill Saas Fee 2012」という自転車レースで、これが世界最高峰ではないでしょうか。

標高3500mから1800mまで一気に雪山をくだっていきます。
距離7kmで高低差1700m、そしてトップスピードは140km/hを超えるそうです。

このレースの様子を、ヘルメットに固定したカメラで撮影した選手がいます。

レース開始直後はそうでもないのですが、30秒もしないうちにどんどんとスピードは上がっていきます。
恐ろしいことに、コース幅が狭い。
そして右側はどう見ても、斜面。
このスピードでコースアウトしたら、人生も終了しそうです。

私が高校生だった頃、根性で雪道の中を自転車で登校したことがありましたが、ハンドルは取られる、カーブでバランスを崩す、ブレーキをかけると滑って転びそうになると、とても恐ろしい思いをしました。

とにかく、雪道で自転車に乗るのは難しい。
このレースを見ていると選手のチャレンジ精神、自転車操作の技術の高さに感心します。


Glacier Bike Downhill Saas Fee 2012

Comments are closed.