ロシア生まれの料理【微グロ】

料理というものは見た目が大切だ。
見た目次第で食欲が左右される。

ロシアで生まれた料理に「発毛ソーセージ」というものがある。

ん?食べると髪の毛が生えてくるのかな?
健康志向のソーセージ?

なぁんて考えてはだめ。
正しい解釈は「ソーセージが発毛している」。
まるで毛が生えたようなソーセージ。

作り方はソーセージにパスタを刺す、刺す、ひたすら刺す。


おお、なんだかオサレなインテリアのようだ。
お盆に作る精霊馬(茄子などに爪楊枝を刺したやつ)のパワーアップバージョンみたいだ。

これを茹でる。


ソーセージから毛が生えてるw
まさに「発毛ソーセージ」。
デカイ毛虫に見える気も…。

これを黒のパスタで作るとどうなるか!


これは「食べ物」というより何かの「作品」にしか見えない。

茹でると!


まず初めに思い出したのが「もののけ姫」の祟り神。
いや、祟り神だろ。
キモチワルイ。

寄生虫がウヨウヨしているようにも見える。
想像力がかき立てられるよ、全て悪い方向に。

こんな料理、生理的に受け付けられません!

Comments are closed.