究極の代行業

法律が味方をしてくれない場合、あなたはどうやって憎しみに対して向き合いますか?
憎くても、自分が手を下せば自分が法で裁かれる。
ただただ憎しみを募らせていくだけ。

そんな方達を相手にしたサービスがあります。
「呪い代行」です。

依頼すると、憎い相手に呪いをかけてくれるのです。

方法は定番の丑の刻参りやブードゥー人形を使ったものなど様々です。

気になる料金ですが、サイトにより様々です。

例をあげると、
軽度の呪術(5000円):軽い病気や事故に遭わせる
中程度の呪術(10000円):重い病気や事故に遭わせる
50000円コース:呪殺

5万円で人が殺せるとな。

藁人形を販売しているサイトもあり、値段は8000円と良心的です。

しかし気になるのは、本当に呪いをかけてくれるのかということ。
こればかりは証明する方法がなく、呪いをかけた相手に災いが降りかかるのを待つしかありません。

そんな曖昧な商売ですので、「呪い代行被害者の会」(http://noroihigai.sarashi.com/index.html)というサイトも存在します。
「呪いの効果がなかった」という声がいくつかありました。
「呪いの効果」の基準も曖昧で、「効果が無かった」と言い切るのも難しいと思います。

Comments are closed.