遅くは無いビットコイン投資

私の周りでデイトレートをやっていた何人かは、一昨年くれくらいからビットコインへも投資を始めていました。

私も誘われましたが、「仮想通貨なんて怖い」と断っており、友人は通常のFXで出した利益のほんの一部でBTCを購入しているようでした。

まあ、リスク分散として、市場に左右されない独自の値動きをするビットコインを試すというのもアリなのでしょう。

結果的に昨年1年間でかなりの値上がりを見せて、一部を売却した段階で既に初期投資の元は取れてしまったようです。

本人も、ダメ元だったからかなりの含みを寝かせる事が出来たと言っています。

現状すでに元は取っているので残ったBTCは売買ではなく、特定の運用元に投資して報酬をもらうHigh Yield Investment Program(HYIP)高収益投資プログラムに移行したとの事。

これは通常のビットコイン投資とは違い、BTCを運用する企業に支払う事で日利数パーセントという高額配当を得るプログラムです。

日利ということで、非常に少ない参加費用で大きく利益を出す可能性があるというのが魅力で、元を取った後の残りと考えると、これがさらに膨らんだら彼も笑いが止まらないでしょうね。

私も一昨年の段階で捨てるつもりで少しでもコインを購入しておけばと後悔しましたが、先月からお小遣い程度の投資を始めています。

ジャズベースの買い替え

私は趣味でベースを弾いているのですが、過去に所持していたベースについて語ります。
私が楽器を触りだしたのは18歳の頃友人からギターをやってみないか、とバンドの誘いがあったことがきっかけです。

そこから兄のエレキギターを借りて、まずはコード弾きから始めバンドのスタジオ練習にてブルーハーツのコピーをしたりして遊びました。

やがてメンバーの予定がなかなか合わなくなりバンドが自然消滅する形で終わったのですが、楽器を弾くことが趣味として定着したところだったので、何らかの形でバンドをすることは出来ないかと色々思案しました。

ギターを弾く人口はとても多かったので、プレーヤーの少ないパートは何かと考えたときギターと同じカテゴリーであるベースに着目しました。

そこから私のベーシストとしてのキャリアはスタートしました。その結論に至ったときはすでに23歳で社会人になっていたので、自分の楽器が欲しいと思い、初めてもらったボーナスで奮発してベースを購入しました。

その時に購入したベースがアトリエZのM245という機種のジャズベースタイプのアクティブベースを購入したのですが、ボディ材がアッシュという木材を用いたベースだったので非常に重量があり、スタジオやライブハウスに持って行くにはとても苦労しておりました。

そんなベースでしたが、フジゲンのパッシブのジャズベースに買い替えた時に、ギター買取店に買い取ってもらいました。

初めて買った楽器というのはとても思い入れがあり、値段以上に価値のあるものだと感じました。

今は買い替えたベースをとても大事に使い、手放したベースは次の持ち主に可愛がってもらえることを祈るばかりです。

格安の旅行パック

8月に遠方に急用ができて、先月末に初めて格安航空券をネットにて頼む事にしました。
初めてだったので仕組みがよくわからずどうなるものかと心配でした。

ただ友人たちに聞いたところ簡単に手続きができると言われたのでサイトを数社選んで金額等調べてみました。

2か月前で確かに値段は安いものが多く発表されていました。

ただ各社日付や時間、航空会社により値段がだいぶ異なる事が解りました。

2日間調べて希望の日付と値段の航空券が見つかったので購入しようとすると、驚くことにたった2日間しか過ぎていないのに値段が高くなっている事が判明し少し焦りました。
こんなに早く値段が変わってくるものかという気持ちの焦りもあり、まずは行きの航空券を購入しようとLCCのサイトをチェックしました。

お盆近くという事もありましたが、値段が数千円から数万円高くなっていました。

もう少し安い方法は無いものかと思い検索していると、格安旅行会社で宿泊込のパックがかなり安い事を知りました。

出張パック・ビジネスパックは国内格安航空券の旅スパートという、ビジネスマン向けのパックを取り扱っている業者です。

2か月前という事で、なんとか希望の日付で往復のパックを購入できましたし、ちょっと驚いたのが現地に行ってホテルに泊まれば延長が可能だという事です。

格安のパッケージというのは、すべての予約が厳守でガチガチだと思っていたのでうれしい誤算です。

購入金額から考えても大変ありがたい親切なチケットだと解りました。ちなみに私の購入したのは国内線でしたがすべての行程を合わせれば10000万円は安い価格で購入できました。